七夕まつりに行きた~い

たかしです。

7月7日は七夕ですね。

全国で『七夕まつり』が開催され、盛り上がりそうだ。

各地で開催される日程は、新暦や旧暦によって違うので、予定を組めば何度もお祭りを楽しめるね。

気になる『七夕まつり』は、これだ!


A仙台七夕まつり B前橋七夕まつり C戸出七夕まつり D宝立七夕キリコ祭り E天の川七夕まつり F七夕バルーンリリース G山口七夕ちょうちんまつり H大分七夕まつり Iろうそくもらい

 

仙台七夕まつり
公式サイトから引用

長い歴史と伝統ある仙台七夕まつりは、日本古来の星祭りの優雅さを受け継ぎ、全国に誇る真夏の祭典。

http://www.sendaitanabata.com/

 

前橋七夕まつり

北関東では最大級の七夕まつりとして、沢山の観光客が訪れている。

七夕飾りのほか、物産市など様々なイベントが行われ、夜遅くまで楽しめる。

http://www.maebashi-cvb.com/event/08_tanabata/

 

戸出七夕まつり

富山県高岡市戸出地区で行われる、『日本七夕の完成形』とも呼ばれている七夕まつり。

他の七夕まつりにはない、竹のしなり具合を考えてバランスよく飾り付けられた短冊、提灯、くす玉などがそう呼ばれる所以。

【開催日】毎年7月3日から7月7日

http://www.info-toyama.com/event/20025/

 

宝立七夕キリコ祭り
公式サイトから引用

石川県珠洲市宝立町鵜飼地区で行われる、「キリコ」を用いた七夕まつり。

キリコとは切子灯籠(きりことうろう)の略で、高さ数メートルもある巨大な灯篭のこと。

そのキリコを約100人ほどの若衆が担ぎ歩くっていうから、すごい!

【開催日】毎年8月7日

http://www.city.suzu.lg.jp/eventnavi/evt1420.html

 

天の川七夕まつり

大阪府交野市民による手づくりの祭りとして定着。

手作りの竹灯篭1,000本、紙灯篭5,000本などが並べられ、幻想的な雰囲気に包まれる。

http://www.katano-times.com/archives/44858876.html

 

七夕バルーンリリース

徳島市新町橋東公園で2006年から行われている。

7月7日7時7分7秒に一斉にバルーンを飛ばして、天の川まで願い事を届けようという行事。

【開催日】毎年7月7日

http://www.onpo.jp/topics/item_6289.html

 

山口七夕ちょうちんまつり
公式サイトから引用

室町時代から続く、山口の夏を彩るちょうちんまつりは、日本3大火祭り のひとつに数えられる。

元々は、大内盛見が父母の冥福を祈るために盆の夜に笹竹の灯籠を灯したのがはじまり。

http://y-chouchin.jp/

 

大分七夕まつり
公式サイトから引用

各商店街が趣向を凝らした豪華な七夕飾りの美を競う夏祭りで、イベントも盛りだくさん。欠かせない出し物となっているのが、初日に行われる府内戦紙(ふないぱっちん)。

青森のねぶたに似た山車の武者絵が、「ぱっちん」(めんこ)を連想させることから、この名が付いた。

20数基の山車が、「セイヤ、セイヤ」の掛け声とともにまつり広場を巡る。

他にも紹介しきれないほど、各地で開催している。

https://www.oishiimati-oita.jp/event/tanabata.php

 

北海道の七夕は『ろうそくもらい』?

七夕といえば、彦星様と織姫様が年に一度会える日、と全国的には言われていますが、

北海道では子供が喜ぶ、嬉しい行事らしいです。

『ろうそくもらい』って知ってますか。

『ろうそくもらい』は、7月7日もしくは月遅れの8月7日の七夕に北海道で行われる行事で、

「ローソク出せ」とも呼ばれている。(引用:Wikipedia)

この『ろうそくもらい』は、日本版ハロウィンみたいなもので、お祭り当日に、

浴衣を着た子供たちが歌を歌いながら各家庭にお菓子をもらいに行くという風習です。

ローソクは何に使うの?

『ろうそくもらい』と言っていますが、実際にろうそくはもらいません。

各家庭は、お祭り当日用に駄菓子を用意して臨みます。

 

『ろうそくもらい』の始まりは諸説ありますが、

青森県からの移住者が『ねぶた祭り』に関わる風習を持ち込んだのが始まりではないかと言われています。

ねぶたの照明は戦前までろうそくであり、祭りの準備のために家々を回ってろうそくを貰う習慣があったそうです。

 

この行事は、北海道の中でも、盛んな地域と全く行われていない地域があり、

特に盛んな地域は、主に北海道・道南地域の函館市や室蘭市、そして富良野市の周辺地域です。

札幌周辺も住宅密集地では、子供の行事として残っている所もあるようです。

逆に、全く行われていない地域は、北海道・道東方面(帯広から東の地域全般)です。

あなたも出会うかも…

七夕まつりの帰り道、晴れ渡った星空に天の川が見れたら最高だよね。

天の川が見えたら、『わし座のアルタイル』と『こと座のヴェガ』を探してみてはいかがかな。

二つの星を見つけたら、一年間会えなかった二人が会えたことを祝福しよう。

もしかしたら、あなた自身のヒコボシやオリヒメに出会えるかも。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is the impression of this blog? このブログの印象は?