2018FIFA WorldCupを観戦した~い

たかしです。

2018年サッカーワールドカップ ロシア大会を見に行きた~い

詳しい情報はこちら↓

2018FIFA W杯ロシア大会を観戦した~い Vol.2

https://yolotaksy.com/travel/2018worldcup



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ガビック 【GAViC】 Jr. ストレッチインナーパンツ GA8903 チームオーダー対応
価格:1990円(税込、送料別) (2018/12/16時点)

楽天で購入

サムライブルーの皆さんが頑張り、W杯ロシア大会の本線出場が決定しましたね~

こうなると、ロシアまで応援行くしかないでしょう!

そこで気になるのが、日程と旅費だ。

本大会出場が決定したとはいえ、まだ旅行会社で応援ツアーは

出ていないと、半ば無意味な検索をしたところ、なんと…

もう応援ツアーの情報が掲載されていた。

日時や会場は未定になっているが、大まかな日程が決まっており

中には、強行スケジュールのプランまである。

0泊ツアーは無理!?滞在先の登録必須

毎回、話題となる『0泊』の強行観戦ツアーだが、ロシア大会では会場が

ヨーロッパ側に集中しており、最短でも1泊3日はかかるという。

ファンにとっては、近そうで遠いロシアとなりそうだ。

ロシア専門の老舗旅行会社「ユーラスツアーズ」によると、

ロシアまでの空路は、成田国際空港からモスクワまで直行便で約10時間。

モスクワにある2会場以外は、国内線に乗り継ぐことになるという。

成田を午前10時台に飛び立つと、モスクワ着は午後3時(現地時間)で、

順調に行けば、夜のキックオフに間に合う可能性も。

“0泊”はできそうにみえるが、「ロシアに入国するにはビザが必要です。

ビザ申請にはホテル滞在登録しなければならないので、宿泊なしでの観戦は

今のところ難しい」とのことです。

その上で「1泊3日以上。できれば2泊4日の日程がベストですね」とした。

また、大会期間は6月から7月。

夏休みとしても少し早いため、サラリーマンやOLには少し厳しい日程となっているが、

さらなる難題は宿泊料だ。

観光のベストシーズンと重なることもあり、ホテル代が高騰する可能性があります。

ロシア行きはお財布事情も直撃しそうだ。

パスポートの期限が切れている

間近で海外に行ったのが、今から15年前。

もちろんパスポートの期限が切れている。

ロシアに行くには、パスポートを取らなければならない。

期間を5年、10年と悩むところだけど、この先10年、

はたして、海外に行くことがあるだろうか…

ロシア語の不安

不得意ではあるけど、日本語の次に英語に慣れている。

漢字が使用されている中国や香港では、気にならずに過ごすことが出来そう。

ただ、ロシア語は『読めない』『書けない』『意味分からない』のオンパレード。

ロシア語のできる友人に、ロシア語について聞いてみても、チンプンカンプンです。

ツアーにはガイドさんがいるので、現地では心配ないと思うけど、いざと言う時のために

ロシア語を話せる友人を誘って、W杯を見に行こうかな~

2018FIFA W杯を観戦した~い

FIFAワールドカップは、4年に一度のサッカーの大会。

毎回開催国が変わり、身近なところでは、2002年に日本と韓国が

合同で開催して、日本中が盛り上がっていた事を覚えている。

あの盛り上がりをもう一度、生で体感したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is the impression of this blog? このブログの印象は?