七五三のお参りをした~い

たかしです。

11月15日は『七五三』の日ですね。

神社には、着物で着飾った子供たちの姿があって、

数年前の我が子の七五三で、ご祈祷中に「ギャー

ギャー騒がれた」ことを思い出します。

そもそも七五三は『我が子の成長をお祝い』し、

『これからの成長をお祈り』する行事なのは

なんとなく知っていたけど、いつ・どこで・

何をやったらいいか、よく分からない。

 

まだまだ先だけど、孫の七五三の時に困らぬよう

七五三をチェックしよう~

 

七五三の由来は?

昔は乳幼児の死亡率が高かったので、子どもが

3歳になると乳児期を無事に過ごしたお祝いを

していた。

また、7歳になると氏神様へのお参りを行ない、

成長した子どもの姿を見せる大切な行事と

されていた。

 

三歳の男女は、髪を伸ばし始める『髪置き』

五歳の男子は、初めて袴を着ける『袴着』

七歳の女子は、帯を使い始める『帯解き』

 

有名な神社に着飾ってお参りする習わしは、

江戸の呉服屋と有名神社が仕掛けたお参りの

仕方が庶民の間に広まったと言われている。

 

参拝するのはいつ?満年齢?数え年?

古来の日本では、生まれた年を1歳として、

年齢を数えていた。これが数え年です。

現在は、生まれてから一年後の誕生日を1歳と

する満年齢で数えることが多くなっている。

 

昔は数え年で七五三を祝うのがほとんどでしたが、

現在は数え年でも満年齢でも良いとされている。

数え年と満年齢のどちらでも七五三のお祝いを

してもいいので、兄弟姉妹がいる場合などは

上の子は満年齢、下の子は数え年で一緒に

お祝いすることができますね。

 

必ず11月15日にお参りに行かなければいけないの?

11月15日に必ず行かなくてもいいです。

前後1~2ヶ月の9月~12月初旬ぐらいで、家族の

都合の良いタイミングでお参りしましょう。

10月初旬から『七五三祈願』を行なっている神社

もあります。

 

六曜で混雑は変わる

一般的に大安は一日中良い日とされています。

友引は喜ばしい事柄なので、大安に続いて良い日。

先勝は午前中が良く、午後は良くないとされ、

赤口・先負・仏滅の日には、神社への参拝は

あまりよくないとされています。

良い日とされる日は混雑しますね。

 

どこの神社でお参りするのがいいの?

七五三は、近くの氏神様で行うのが基本です。

人気のある有名な神社でお参りするのは、記念

になりますし、のちに思い出話にもなりますが、

子供の体力を考えると、遠くの神社に行くこと

など、無理しない方がいいですね。

 

~番外編~
着物で街をウロウロした~い

自分もそうだったけど、着物を着る機会って

七五三や成人式くらいしかないよね。

夏なら浴衣を着て、お祭りや花火大会に出かける

事があっても、着物でお出かけすると言えば、

今はお正月くらいでしょうかね~

 

着物って、着付けや洗濯が大変というイメージ

が強いから着ようとしないけど、最近では

一人で着ることができる着物や、ウォッシャブル

の着物も販売されてるから、身近なものに

なってきたよ。

普段の生活で着物を着て、街の中をウロウロ

した~い

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is the impression of this blog? このブログの印象は?