人工知能 AI を知りた~い

たかしです。

『人工知能・AI(エーアイ)』て知ってる?

最近では、囲碁や将棋で人間と対戦して、

人工知能が勝ったというニュースがありました。

人工知能は、言葉では聞いたことがあるけど、

中身を全然知らないので、一緒に見ていこう。

人工知能(AI)とは?

人工知能(英: artificial intelligence、AI)

人工的にコンピューター上などで、人間と

同様の知能を実現させようという試み、

あるいはそのための一連の基礎技術を指す。

wikipadiaより

 

具体的には、人間の使う言語を理解したり、

経験から学習するコンピュータプログラムなど

のことをいう。

 

人工知能の応用として、翻訳を自動的に行う

機械翻訳システム、画像や音声の意味を理解

する画像理解システムなどがある。

人工知能(AI)とロボットの違いは?

人工知能とロボットを混同してしまいそうですが

人工知能は、人間でいう「脳」にあたります。

工場などで稼働しているロボットは、プログラム

など外部情報の入力にあった動きを実現している

だけです。

 

つまり、ロボットは既に組み込まれたプログラム

の中で思考することはできても、プログラムの

外のことに関しては、対応できません。

では、対する人工知能(AI)は何が違うのか?

それは「自ら考える力が備わっている」と

いうことです。

 

一度作ってしまえば、人間の手を離れても

自発的に発展していくのが「人工知能(AI)」

ということです。

人工知能(AI)の種類とは?

また、「人工知能」として一括りにされること

が多いですが、実はその機能や使用目的に

よって、種類を分けることができるのです。

人工知能は、

「特化型人工知能(AGI)」
「汎用人工知能(GAI)」

この2つに分類することができます。

特化型人工知能(AGI)は、個別の領域に

特化して能力を発揮する人工知能のことで、

既に人間以上の能力を持つものが数多く

実用化されています。

例えば、コンピュータ将棋(チェス)、

Googleカー(自動運転自動車)、医療診断など、

既に実用化されているものが多くあるのです。

 

 

一方、汎用人工知能(GAI)は異なる領域で

多様で複雑な問題を解決する人工知能のこと。

この汎用人工知能は、人工知能(AI)自身に

よる自己理解、自律的自己制御ができるもので、

人間が設計した時の想定をも超える働きを

期待することができます。

 

そして、この「汎用人工知能」を作ることこそ

人類が人工知能を作り始めた目的でもあります。

私たちが小さい頃に憧れた鉄腕アトムも

「汎用人工知能」の1つでしょう。

 

まとめ

今後10~20年で、今存在するさまざまな仕事

が自動化され、人間の仕事ではなくなると

考えられている。

「人間の仕事が減ることが予想されている」と

いうことは、今の子供たちが働くようになる時は

就職難に陥る恐れがあります。

そうならないために、今の子供たちには、AIでは

できない特殊な仕事に就くか、あるいはAIを

超える能力を持ってほしいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is the impression of this blog? このブログの印象は?