文房具を使ってみた~い Vol.1

たかしです。

幼少の頃に『先の丸いハサミ』や『クレヨン』

などを使っていたよ。

 

小学生の時はキャラクターものを使いたかった。

今でも、妖怪ウォッチやミニオンズなどの

キャラクターの文房具が人気ですもんね。

 

中学や高校の時は、コンパクトにこだわっていた。

理由は、登下校に荷物を持ちたくなかったので

極力、カバンの中は小さく軽い物にしたかった。

大人になると、利便性を第一に考えて使うよね。

最新の文房具は進化しているよね。

100円ショップでも、優れた機能の文具を取り

扱ってるし、ちょっと値段が高めでも、とても

使い勝手が良かったりする。

 

今どきの『ふでばこ』事情

『ふでばこ』と言えば、小学生の時に初めて

買ってもらってから、社会人になった今でも、

いろいろな種類にこだわって使っている。

 

小学生の時に使っていたのは、箱型でフタが

マグネットで閉じるタイプ。

ただし、フタが片側しか開かない構造のもの

だったので、両面が開くタイプのふでばこに

憧れたな~

 

中学生の時は、エンピツが5本くらい入る

缶ペンケースを使用していた。

缶なので、エンピツをそのまま入れていると、

芯がすぐに折れてしまうから、キャップを

していた。

 

エンピツのキャップって、先端に小さな穴が

開いてるでしょ。

赤エンピツは丸い物を使っていたので、六角形

より少し細いのかな~、あの穴から芯が出て

しまって、とがっていた赤エンピツもすぐに

丸くなっていた。

 

社会人になって使っている『ペンケース』は布製。

パッチワークが好きだった祖母が作ってくれた

手作りのペンケース。

 

最近の『ペンケース』

最近の流行は、『スタンド型』のペンケース

なのでしょうか。

現役の中学生と高校生がスタンド型を使用

している。

KOKUYO公式サイトから引用

スタンド型は、『グッドデザイン賞』などで

注目を集めているので、使い易さやデザインが

若者に受けいれられてるのかもしれませんね。

 

消しゴム

書類を作る時はパソコンを使うので、鉛筆や

シャープペンを使う事が少ない。

また、カラーの文字を書く時は、フリクション

のペンを使用するので、消しゴムを使う機会

が少ない。

 

『ねりけし』や『キン消し』って『消しゴム』?

『ねりけし』は、粘土状の消しゴム。

通常の消しゴムのように文字をこすって消す

のではなく、押し当てて消すタイプ。

『キン消し』は、ゴム製のキン肉マン達の人形。

元々は『キン肉マン消しゴム』と呼ばれており、

略されて、キン消しになったとされています。

 

この二つを使って、あなたも文字などを消した

事があるでしょう。

その時に思いませんでしたか!?

全然消えませんけど!逆に、汚れが広がって

ますけど~ って。

こすり易かったウォーズマンの頭が、黒く

なっていたのを思い出しました…

 

文房具について、話し出せばキリがないですね。

今回だけでは足りないので、次回に続く…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is the impression of this blog? このブログの印象は?