ダイエットした~い Vol.2

たかしです。

あ~、やっぱり~

昨日、ベルトの穴が以前より一個手前で止めて

いることに気付いた。

それに最近、階段を上る時に息切れするように

なった。 もしかして!!

久しぶりに体重計に乗ったら…

 

あ~、やっぱり~

案の定、2ヶ月前から体重が3kg増えていた。

 

ダイエットした~い
http://yolotaksy.com/try/diet/

2ヶ月前に、会社で行なった定期健康診断

までは、毎日お風呂上りに体重計に乗って、

体重が増えないようにキープしていた。

 

でも、健康診断が過ぎると食欲の秋と重なり、

美味しい物をたくさん食べていたな~。

毎日、鏡を見ていると気付かなかったけど、

顔が丸く・大きくなった気がする。

 

お腹は確実に、以前より出てきた。

こうなったら、本格的に引き締めるぞ。

 

気になるのは『お腹』

すぐにでも引き締めたいところだけど、まず

引き締める前にこれをやらなければならない。

おそらく原因と思われる『内臓脂肪』を

取り除くこと。

 

普段、デスクワークが主な仕事だから、カロリー

をほとんど消費しない。

だけど、味覚の秋は食べたい物がたくさんあって

食事量や摂取カロリーを多く摂ってしまう。

あ~、美味しい料理を我慢したくないし、でも

引き締めたいし、困ったな~

キチンとした食生活で、脂肪を落とす。

これは理想の形ですが、まずは今の体重から

増やさないように心掛けるぞ。

三大栄養素の取り方

糖質である炭水化物は食べすぎると、余分な肉が

身体に付いてしまうけど、糖質を減らしすぎると

お腹周りの脂肪が落ちにくくなる。

だから、炭水化物は適量食べる。

卵や乳製品、豆などのタンパク質は、筋肉量が

維持できるので、多めに摂るようにする。

 

脂質については、オリーブオイルやナッツ類

、青魚などを適度に摂るほうが、お腹周りの

脂肪は落としやすいそうだ。

ビタミンやミネラルがサポート

上記の三大栄養素だけ摂取していても、体内で

エネルギーとしてうまく利用されない。

そこで、野菜やキノコ類、海藻類などのビタミン

・ミネラルがサポートしてくれる。

 

マルチビタミンのサプリを取り入れると、

手間がかからず、便利。

 

ビタミンを摂るなら、これ!

こんな記事が…

『1日3食の食事を、4食や5食に変える。』

「えっ!」と驚いてしまったが、続きを読んで

納得した。

『食事回数を増やすことで、お腹の脂肪を

減らせる可能性が充分にあります。(総摂取

カロリーは変えない事が前提)』

でした。

 

私は昼間の会社務めなので、食事の時間が

決まっている。

だから、朝昼晩を規則正しく摂るぞ。

 

お腹の脂肪は『脚の筋トレ』で落とす

お腹を引き締めるのに効果があるのは『腹筋!』

と思っていたら、違うみたい。

『お腹周りの脂肪を落としたい人の中に腹筋

だけを頑張ってやっている場合がありますが、

その方法はあまり効率的ではありません。』

との事。

 

何故なら、腹筋というのは腹筋という筋肉を

鍛えるトレーニングであって、脂肪を燃焼

させる、という目的には合っていないから。

だそうです。

 

お腹周りの脂肪を落とすには、消費カロリーの

大きい運動をしたり、カロリーが消費しやすい

体を作ったりするのが1番効果的。

そこで、おススメなのが脚の筋トレ。

 

脚は、体の中でも1番大きい筋肉なので、鍛え

れば効率よく筋肉量が増えて、消費カロリーも

増えやすくなります。

脚のトレーニングは、筋トレの中でも1番成長

ホルモンを分泌させやすく、お腹の脂肪を

燃やすには最適なトレーニングなのです。

ちなみに脚のトレーニングをしても簡単に脚は

太くなる事は無いので、女性の方も安心して

お腹の脂肪を燃やしてください。

むしろ、脚のトレーニングをすることに

よって脚自体が引き締まります。

 

まとめ

食べすぎると、太る!! 以上…

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is the impression of this blog? このブログの印象は?