五月人形を飾りた~い

たかしです。

1948年に「子の人格を尊重して、

子の幸せを願い、子が両親に感謝を示す」

という主旨で、5月5日が「こどもの日」

として祝日に制定された。

端午の節句の、『端』は月の始めという意味で、

『午(ご)』は午(うし)の日を意味します。

午(うし)の日の午が「五」と同音である事から、

五が重複する5月5日に端午の節句が

定められたと言われています。

五月人形とこいのぼり

端午の節句に欠かせないのが、

五月人形とこいのぼりです。

これらを飾るのには、きちんとした

理由があります。

五月人形の由来と意味

五月人形は、将軍や武将達の鎧兜を飾る

という風習からきています。

鎧と兜は、武家において「自身の身を守る」

重要な道具として認識され、鎧兜を飾る事は、

「子供に身の危険が及ばずに安全に暮らして

行ける」という願かけに通じています。

そこから、子供を厄災から守り、

健やかな成長を祈るための飾りとして

庶民の間でも定着するようになりました。

こいのぼりの由来と意味

『こい(鯉)』は、清流だけでなく濁流や

劣悪な環境でも生きていける生命力に溢れた

生物として、人々に愛されてきました。

鯉は古来中国や日本において、

「どこでも立派に生きていけるたくましさ」

の象徴として崇められてきたのです。

初節句の飾りを贈るのは誰?

初節句のこいのぼりや五月人形などは

「母親の実家」から、飾りを贈るのが

正式なんです。

また、親しい知人や友人は、金太郎や桃太郎の

人形を贈る傾向があります。

お祝いとお返しの方法

端午の節句は、近親者を呼んでお祝いをします。

祝いの席に呼ばれた方は、お祝いを贈るのが

正しい風習です。

お祝いを頂いた方は、風習に従って

きっちりとお返しをする必要があります。

お祝いの方法

お祝いは普通、5月5日当日に父方と母方の

両家の両親とお祝いを頂いた方、

親しい友人などを招いて行います。

祝いの席には、定番の柏餅とちまきの他に、

鯉や筍、赤飯といった縁起物を用意します。

柏餅やちまきは手土産として帰りに

お渡しするのも良いでしょう。

初節句のお祝い金の相場

初節句の相場や目安となる

お祝い金の額は以下のとおりです。

贈る方

相場金額

祖父母(父方) ¥50,000~¥300,000

祖父母(母方) ¥100,000~¥300,000

【参考】

雛人形「5段飾り」約¥150,000~

五月人形「兜」約¥100,000~

親戚 品物+¥5,000~¥10,000

兄弟 品物+¥5,000~¥10,000

友人・知人 ¥3,000~¥5,000

※以上の金額はお祝い金の相場の金額です。

決まった金額はないので、

贈る際の参考にして下さいね。

親戚・兄弟の初節句のお祝い金について

初節句に親戚や兄弟の方がお祝い金を

贈る場合ですが、お祝い金とは別に、

品物も一緒に贈るケースが多いです。

お祝い金だけでは、ちょっと味気ないので、

一緒に下記に書いているような品物を

贈ると喜ばれると思います。

また、お祝いの席に招かれて行く場合に、

もし子供に小さな兄弟がいらっしゃるなら、

その子供にもちょっとした気遣いの品を

持っていきましょう。

初節句に喜ばれるプレゼントは?

初節句に祖父母は雛人形や五月人形などを

贈りますが、その他の親戚や兄弟が贈って

喜ばれるプレゼントを紹介します。

初節句に贈るプレゼント選びで

注意しなければいけないことは、

相手がもらっても困らない品を

選ぶことです。

よく考えて初節句のお祝いのプレゼントを

選びましょう!

初節句に贈ると喜ばれるプレゼント

玩具

初節句のお祝いなので、

やはり子供が楽しめるプレゼントが、

一番喜ばれると思います。

男の子には乗り物の玩具、女の子には

可愛いぬいぐるみなんかはどうでしょう?

また、ブロックや積み木などの

知育玩具もいいですね。

衣類

人気ブランドの子供服も喜ばれると

思いますが、成長を見越して少し大きめの

サイズを選ぶのがポイントです。

商品券やギフト券

ちょっと味気ないかもしれませんが、

もらった方は好きな物が買えるので

当たり外れがありません。

カタログギフト

これも少し味気ないかもしれないですが、

カタログギフトも自分の好きな品が

選べるので、相手方は喜ばれるでしょう。

最近では高価な五月人形や雛人形を

飾る方は少なくなっています。

地域の違いなどによって風習や慣わしが

違う場合があるからです。

お返しの方法

お祝いのお返しは、端午の節句から

1週間以内に行うのが、通常です。

お礼の手紙を添えて、内祝いとして、

子供の名前でお返しを送りましょう。

お返しの品は、ちまきを送るのが

一般的ですが、赤飯や角砂糖にしても

大丈夫です。

菖蒲湯に入れてあげよう

菖蒲には薬効成分があり、

また災厄や邪気除けに使われていました。

お風呂だけではなく、枕にしたり

お酒に入れたりします。

以前は魔除けで軒先に刺したりしていました。

菖蒲湯の薬効成分である精油は、

菖蒲の根茎に多く含まれているのですが、

残念ながら花屋さんに売っているのは

葉っぱだけです。

菖蒲湯

菖蒲の葉を適当な大きさに切って

ネットに入れて熱湯にしばらく浸して

成分を出して、そのままお風呂に入れます。

菖蒲の豆知識

菖蒲は『しょうぶ』の他に『あやめ』

とも読みますが全くの別物です。

別物を同じ漢字で表すとは

昔の人もややこしいことをしたもんですね。

『花菖蒲』と『しょうぶ』も全く違います。

植物園などで花菖蒲の花を見て

『しょうぶ』の花だと勘違いしないでくださいね。

食事処

長野県上伊那郡箕輪町に『こいのぼり』

と書かれたお店がある。

『こいのぼり うちこみの味 とざ和』

店名の由来は、

子供の成長の願いと、鯉が滝を上るように

立身出世する願いを込めて、料理に打ち込む

気持ちを表現している。

実際にこいのぼりは泳いでいないが、

馬刺しや四元豚・ローメンがいただけるので

ぜひ足を運んでほしい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is the impression of this blog? このブログの印象は?