月が見た~い

たかしです。

毎晩、ボーっとしているあなたに朗報です。

先日の『スーパームーン』に負けないくらい、

今夜は空に『まん丸の月』が出ています。



あなたはクレーターの形が何に見えますか。

小さい頃に「うさぎが餅をついている形」と

親に言われ、それ以来『うさぎの餅つき』で

記憶に残っている。

ただ、小さい頃の友達に「うさぎの餅つきに

見えるよね」と言っても、「全然分からない」

と言われたことがあった。

どのように見えるかは、それぞれの感性なので

『うさぎの餅つき』に見える人もいれば、

別の形に見える人もいるでしょう。

そうなると、他の人はどのような形に

見えているのでしょう。

 

世界の人々は、こう見えている

日本:餅をつくうさぎ

韓国:うさぎの餅つき

中国:不老不死の薬を作っているうさぎ
・巨大なヒキガエル・カニ

モンゴル:犬(嘘をつくと吠える)

オーストリア:灯をつけたり消したりしている男性

インドネシア:編み物をする女性

インド:ワニ

ベトナム:大きな木とその下で休む男の姿

アラビア:吠えているライオン

ロシア:月に住む少女

アメリカ:女性の横顔・ワニ・トカゲ

南米:ロバ

カナダ:バケツを運ぶ女性・バケツを運ぶ少女

南ヨーロッパ:大きなはさみのカニ

東ヨーロッパ:女性の横顔・ロバ

北ヨーロッパ:本を読むおばあさん・水をかつぐ男女

オランダ:悪行の報いとして幽閉された男の姿

ギリシャ:銀の馬に乗るセレーネ

ドイツ:薪をかつぐ男・芝を背負ったおじいさん
・悪行の報いとして月に幽閉された男

月の模様はクレーターではない!?

今まで、月のうさぎは『クレーター』と思って

いたが、クレーターではないようです。

月に見える模様は、『月の海』と呼ばれる部分

が黒く見えているそうです。

クレーターは、隕石が月に衝突した時に出来た

穴で、天体望遠鏡でしか見えません。

不思議なことに、黒い部分の『月の海』は

地球側に集中していて、裏側にはほとんど

ありません。

一説によると、溶岩があまりに重いため、

月の重心が地球の方向へ偏っているという

説があります。

引用:http://www.astroarts.co.jp/special/2014moon/image/crater.jpg



まとめ

地球から月までの距離は、およそ38万km。

想像できないくらい遠い『月』が見えるって

素晴らしいことですよね。

夜空を見上げて、新しい月の模様を探して

みてはいかがですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is the impression of this blog? このブログの印象は?