プリクラを撮った~

たかしです。

先日、娘の友達と『プリクラ』を体験した。

若い頃に、ハヤリに乗り遅れてはいけない

と思い、数回撮ったことがあった。

今でも、部屋の掃除をすると、その時の

プリクラシールが出てきて、懐かしんでいる。

 

最新の機種

さて、

今までゲームセンターに行くことはあっても、

プリクラの中に入ったのは20年ぶり。

最新のプリクラは驚くとこばかり!!

驚き1 一回500円の機種も…

一回の値段が高い!

昔は、100円で撮影できた機種があったけど、

今は、200円から400円が主流。

凝っている機種になると、なんと500円!!

5人で撮影すれば、一人100円で撮れるけど、

そんなに人が集まらない…

驚き2 一度に何回も撮影

今回撮影した機種は、一気に5ショットも

撮ることができた。

撮影の間隔は機械が勝手に決めてしまうので、

ポーズを悩んでいると、その姿が撮影される。

『変顔』や『ピース』などポーズを変えて、

次から次へ撮影して、慌ただしい。

驚き3 落書き時間が長い!!

撮影した画像に『落書き』する機能は、

昔の機種にもあった。

昔は『落書き』と呼んでいたのに、

今では『盛る』と言うらしい。

私の様にセンスがない人間には、

とても苦痛な時間ですが、

かわいいPOPや色使いで、オシャレに

盛れる人は楽しそうで、感動してしまう。

その盛る時間が、昔は2分程度だったのに、

今は10分近くできるようになっていた。

驚き4 シールじゃない

プリクラから出てきた写真をハサミで切り取り、

どこかに貼り付けようと、写真の剥離紙を

剥がそうとしたが、剥離紙がない!

なんと、シールではなかったのだ。

写真を貼るには、のりやテープを

使わないといけないのだ。

最後に

今はスマホが普及して、

自撮りする人が増えているから、

プリクラは人気がないと思っていたが、

実際は、撮影待ちの若者たちがいて、

進化している機能を楽しんでいた。

その姿を見ていると、ジェネレーション

ギャップを感じてしまう。

プリクラを撮り慣れてるJKに混ざって

おじさんも撮影に参加したけど、

驚きの連続でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is the impression of this blog? このブログの印象は?