スキューバダイビングをやってみた~い

たかしです。

一度だけスキューバダイビングを体験したことがある。

スキューバダイビングの醍醐味は、魚と触れ合えて、非日常が味わえる。

無重力の浮遊感を感じながら泳げるのが魅力だよね。

キレイな海を外から見ているだけでも感動するけど、海の中の景色は幻想的で、もっと感動する。

スキューバダイビングって何

空気を詰めたタンクを使って水に潜り、水中を楽しむマリンスポーツ。

タンクから空気を吸い続けられるので、息継ぎのために水面に上がる必要がない。

水中にいる間は、泳いでいるというよりも漂っている感じ。

宇宙飛行士のように無重力で浮いている感覚は、慣れてくると心地良いよ。

体験ダイビングとは

その名の通りスキューバダイビングを体験することで、フルセットの器材を身に付けて海に入ります。

その器材の準備や装着は、全てインストラクターがやってくれるので安心だ。

水の中でも、インストラクターがマンツーマンに近いかたちでずっと一緒にいてくれる。

体験する人のコンディションに合わせて手をつないでくれたり、体を支えてくれたりするので、

不安なくダイビングを楽しむことに集中できるよ。

また、インストラクターは海の中のツアーガイド!海の世界の見所をいろいろ教えてくれます。

ダイビングするまで一苦労

ダイビングスーツを初めて着た時は、『こんなにキツイんだ!』と思いながら装着した。

脚にダイビングスーツを通すとき、海水を入れてから着るとスムーズに着れたよ。

ダイビング器材も『こんなに重いんだ!』と思いながら、持ち運んだ。

多少の筋力は必要だと思う。

あと、ダイビングの方法の説明を受けるんだけど、専門用語を覚えたり、

器材の使い方を、短時間で覚えるのが大変。

ダイビング中は危険がある

表に出ていないだけで、ダイビングの事故はかなり発生している。

ダイビングの魅力にハマってしまって、十分にどれほどの危険があるのか知らされないまま

レジャーとして楽しんでいる人たちもいる。

そのせいで時に死亡、あるいは下半身不随というような人生を狂わされる事態になりえるのだ。

ダイビング中に事故が起きたと、耳にする機会は少ないが、インターネットで調べると、

事故の内容や注意する点を把握することが出来る。

ダイビングを生半可な気持ちでやってはいけないということだ。

ダイビングのキャッチコピーは、『誰でも楽しく出来る』と言われていますが、

しかし、その分だけ危険があるという点も十分念頭に入れなくてはならないのです。

潜るなら若い時!

子どもの時にスキューバダイビングを経験させた方が良い。

キレイなものをたくさん見ることで、いろんなことに感動できる心が育つと思う。

それと、心に残る体験は、大きくなった時に絶対語る事ができる。

大海原でスキューバダイビングした~い

日本には数多くのダイビングスポットがある。

沖縄の宮古島や石垣島、小笠原諸島はサンゴがキレイで、ウミガメなどと泳ぐ事ができる。

個性的な可愛い生き物にも出会える。

都心に近い伊豆半島でもダイビングが出来る。

日ごろの疲れやストレスから解放されて、非日常を味わいに行こう。

 

伊豆を旅した~い
http://yolotaksy.com/travel/izu/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is the impression of this blog? このブログの印象は?