節分に豆まくぞ~

たかしです。
子供たちが小さい時に、節分の鬼役をやって怖がらせて楽しんでいた。わたしも小さい時に、節分の意味を知らずに、父親が扮したい鬼に豆を投げていた。
そもそも『節分』て、なんだろう…

たかしです。

子供たちが小さい時に、節分の鬼役をやって

怖がらせて楽しんでいた。

わたしも小さい時に、節分の意味を知らずに、

父親が扮したい鬼に豆を投げていた。

 

そもそも『節分』て、なんだろう…

子供に質問された時に答えれるよう、一緒に

チェックしよう。

節分の由来

節分とは、1年で4回訪れる『季節の節目』を

言います。

昔は、『せち分かれ』と言って、立春・立夏・

立秋・立冬の季節の始まりの日の前日を節分

と言いました。

つまり、「2月」「5月」「8月」「11月」に

訪れます。

では、なぜ「豆まきをする節分」は2月だけ

なのでしょうか?

それは、

昔、2月の「立春」が1年の始まりとされていた

ためです。

立春が、今でいう元旦なら、節分は大みそかと

いったところです。

翌日から訪れる新たな1年が、福に満ちた1年

になるよう願いを込めて、2月の節分にだけ、

鬼に豆を投げる「豆まき」をするのが習わし

となったのです。

どうして節分に「鬼」がやってくるの?

6688f2af1253f6bb585216e3733979db_s

昔から、悪いことをすると「鬼が来るよ!」

などと親に脅されたものですが、よく考えて

みれば「鬼」って何なのでしょう?

動物?お化け??

そもそも「おに」という言葉の由来には

2つの説があり、

1.目には見えない良くないことや、悪い運気

という意味の「陰(おん)」が変化した

2.隠れていて目に見えない恐ろしいことや、

怖いものという意味の「隠人(おんにん)」

が変化した

と言われています。

どちらにも共通する「目に見えない」「悪い

こと」が、具現化した姿が、あの角を生やして

金棒を持った「鬼」の姿、ということですね。

節分の鬼の意味

また、「鬼」に代表される魔物は、季節や

年の変わり目に現れる!と考えられていたため

新たな1年を迎える節目だった『節分』は、

やってきた鬼を追い払う絶好の機会だった

というわけです。

もし子供に「鬼ってなに?」と聞かれたら、

「人間が嫌がることを引き起こす魔物だよ」

と答えると分かりやすいかもしれませんね!

なんで鬼に「豆」をまくの?

4e181ab0b58d509ec0fc2910734cf67a_s

地方によっては、大豆ではなく、落花生を

まくところもありますが、いずれにしても

投げるのは「豆」。

なぜ豆だったのでしょうか

鬼退治に豆が使われるのには、2つの説が

あります。

1.豆をはじめとした穀物には、古くから

魔よけの力があると信じられていた

2.「豆」を、「魔目(まめ)」(魔物の目)

に投げて、「魔(ま)を、滅(め)しよう!」

という語呂合わせ

穀物は古来から日本人の主食でしたから、

豆→生命力や英気を養う食べ物→

悪いことを退ける

と考えられていたのでしょう。

ちなみに、鬼退治をした後に豆を食べるのも

豆が持つ「福を呼び込む力」にあやかるため

に食べるそうです。

豆まきの正式ルール

実は、豆まきにも正式ルールが存在します。

正しいルールを知ることは、子供に説明

をする上で、凄く大切な事です。

では、順番に説明していきます。

1.豆まき用の福豆を升に入れて、豆まきの

直前まで神棚にお供えして、神様の力を宿す

ようにする。

※神棚がない場合は目線より高いタンスなど

の上に、白い紙にのせてお供えをする。

2.節分の日の夕暮れ、つまり日が沈む時間に

窓を開けて、家の奥から外に向かって豆を

まいていく。

3.豆をまくのは、家の主人か年男とされている。

4.掛け声は、『鬼は外、福は内』と元気良く。

5.鬼を追い払ったら、すぐに窓を閉める。

6.窓を閉めたら、すぐに自分の数え年の数

だけ豆を食べる。

7.豆を食べることで、鬼退治が完了したこと

になる。

豆まきも、なかなか奥が深いですね。

ちなみに、数え年の数だけ豆を食べると、

病気にならず健康でいられると言われて

います。

最後に

節分の豆まきの由来や正式ルールを頭に

いれた上で、あなたの家族なりの豆まきを

楽しんでください。

恵方巻きの食べ方や味付けも、それぞれの

家庭のやり方で楽しんで下さいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is the impression of this blog? このブログの印象は?