サッカー観戦してほしい~

たかしです。

超初心者のサッカー観戦手引き

サッカーのルールが分からなくても大丈夫!

「別に~サッカーの試合なんて見なくても、私には関係ないし~」

と言っている、あなた!

あなたは正しい。

でもね、周りの人達が、ワールドカップの日本代表や、地元のJリーグ

チームの昇格とかで騒いでいると、少し気になりませんか。

 

分かります!気になっても、な~んにも知らないから不安ですよね。

テレビで観戦したくても、45分間見続けるのって嫌だよね~

野球みたいに、攻守の切り替えの時に休憩~みたいの欲しいよね。

それに、難しいルールもあるから、見てても面白くないよね。

 

そんな、あなたのような超初心者が、サッカーを見る方法を

教えちゃいますよ。

まずは、ルール。

と言っても、この一つだけ覚えていればオッケーです。

バレーボールやバドミントンのように、ボールやシャトルが

相手の床に落ちれば、1点入る。

これと同じように、サッカーゴールにボールが入ればチームに1点が入る。

これだけを頭に入れとけば、大丈夫です。

 

とは言っても、サッカーは90分やっても『0対0』の試合が多く、

ゴールの楽しみを、全然味わえない事もあります。

 

そこで、別の楽しみ方を教えます。

 

パスするゲームだと思って観戦する

サッカーは足でボールを扱うので、とても難易度の高いスポーツです。

そのため、パスをつなぐだけでも結構大変なものなので、

「何本パスがつながったかな~」って数えてみるのも面白いですよ。

 

ルールは深く考えない

サッカーを難しくしているのが『オフサイド』というルール。

このオフサイドを正しく理解するのは非常に難しいです。

 

見るときはルールを深く考えないで、選手のプレーを見て楽しもう。

 

攻める時間と守る時間があることを理解する

サッカーは、常に攻守がめまぐるしく変わります。

しかし、攻める時間と守る時間が必ずあるんです。

 

攻めているチームが攻めても攻めても得点できなかった直後に

攻め疲れによる失点が生まれやすくなりますので、そこに注目です。

次にどうなるか予想する

これが出来たら脱初心者。

今ボールを持っている選手が「次に何をするかなー」と

想像してみましょう。

 

そうするとボールを持っている選手と、持っていない選手の動きの

連動性が見えてくるはずです。

これに意識が向くようになれば、サッカーが楽しめるはずですよ。

 

疲れたら休む

熱狂的なサポーターは45分間、いや練習からハーフタイム含めて

4時間くらい選手を見続けています。

 

そこまで見る必要はありません。

見るのに疲れたら、座って休みましょう。

 

休んだ瞬間にゴールが決まることもよくあります。

それでも休んでいても問題ありません。

ムリに周りに合わせる必要はありません。

 

しか~し、ゴールの瞬間のスタジアムの盛り上がりを目の当たり

にすると、あなたも喜びたくなるはず。

 

そして、見逃したことを後悔し、そのあとから休むことを

忘れてしまうかもしれない…

 

さあ、スタジアムへ出発だ~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is the impression of this blog? このブログの印象は?