プロダクション人力舎サイトから引用

プロダクション人力舎サイトから引用

アンジャッシュのコントをもっと見た~い

たかしです。

アンジャッシュのコントが大好きです。

今までで一番面白かったのは、エンタの神様で初めて見た

『社員旅行の写真』

腹の底から笑って、毎週エンタの神様が楽しみだった。

 

最近は、コンビでの仕事はあまり見なくなってきた二人ですが、

渡部さんは司会業やグルメ、児嶋さんはドラマなどソロでの

活躍はよく見ますよね。

 

おススメのアンジャッシュコントを紹介!

どれも爆笑必至の最高のコント達です。

 

『勘違いネタ』

まずは、アンジャッシュの代名詞である『勘違いネタ』

アンジャッシュが一番得意とする手法のネタで、お互いが

勘違いをしながら話が進んでいってしまう。

日本語の難しさを逆手にとったネタ。

「柱の死角」「蕎麦屋と婚約者」「この人誰だっけ?」「俺の

自慢の…」「障子を隔てて」「本番直前の楽屋」「診察の結果」

がある。

また、映像を使ったものには「社員旅行の写真」「写真をFAX」

がある。

 

「職員室」

片方は恋愛、もう片方は勉強の話と、2人はまるで違う話を

しているのに、微妙に噛み合っちゃってる様子が面白い。

 

『音響ネタ』

渡部とマスコットの会話で話が進む。マスコットの音声は

音響係の児嶋がサンプリングマシンを用いて出すが、

操作ミスや不具合などで間違えたセリフが流れてしまう。

 

「ヒーローショー」

ヒーローショーの音響をつとめる人を演じる児島さんが面白い。

その音声は違うでしょう!という場面の連続に笑いをこらえきれない。

そしてやっぱり渡部さんのつっこみが、コントの面白さを

倍増させているんですよねぇ~。

 

『映像ネタ』

バカADこと児嶋が、ディレクターへの昇進をかけて映画や飲み物の

CMなどを作成したり、他にも、防犯カメラでの児嶋の様子などを

2人で見るというもの。

主な作品は「バカAD児嶋」「年賀状」「新婚旅行の写真」

「結婚式のリハーサル」「殺陣」。

「銀行の防犯カメラ」

銀行強盗が襲撃した場に、たまたま居合わせた児嶋さん扮する刑事。

口では職務を全うしているけれど、防犯カメラを見ると情けない姿を

見せているのが面白い。

 

『携帯電話ネタ』

つながりのない二人が隣りに座り、それぞれ携帯電話で別の話を

しているが、お互いの会話が変な感じに噛み合ってしまう。

「生徒と会話する家庭教師/友達と会話する男」、

「娘を誘拐された父親/彼女と会話する男」の2バージョンがある。

『泥棒ネタ』

泥棒(児嶋)が忍び込んだところを関係者(渡部)に見つかって

しまい、渡部が児嶋を近日来るはずだった人物だと勘違いし、

児嶋がその人物に成り代わってごまかそうとする…という古典的なネタ。

「アイドルの楽屋に泥棒」「ご祝儀泥棒」「お笑い事務所に泥棒」

「職務質問」「借金取り」などもある。

『小ネタ集』

短いネタをテンポよく連発していくコント。

「感動エピソード」「実は…」「どきどきする瞬間」など。

 

やっぱりアンジャッシュのコントは面白い!

下ネタが多いアンジャッシュですが、下品さをなくしてもしっかりとした

面白さがあります。

計算されたコントで笑うのはとても気持ちがいいです。

アンジャッシュのコントを、もっと見た~い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is the impression of this blog? このブログの印象は?