ホワイトデー 3倍返ししな~い

たかしです。
バレンタインにもらったチョコのお返しを、3月14日のホワイトデーに渡すよね。
『3倍返し』
若者は『3倍返し』と聞くと、『半沢直樹』の『倍返し』や『10倍返し』を思い浮かべるでしょう。
ホワイトデーの『3倍返し』とは、男性がバレンタインデーに贈られた品物の金額の約3倍の金額の品物を、ホワイトデーにお返しする。
と言う、男性にとっては非合理的な風習のことを言います。
さらに、ホワイトデーのお返しには意味があるんです。
あなたが、何気なく選んだお返しで、大切な人を傷つけたり、変な期待をさせたり、しているかも知れませんよ。

たかしです。

バレンタインにもらったチョコのお返しを、

3月14日のホワイトデーに渡すよね。

 

『3倍返し』

若者は『3倍返し』と聞くと、『半沢直樹』の

『倍返し』や『10倍返し』を

思い浮かべるでしょう。

ホワイトデーの『3倍返し』とは、男性が

バレンタインデーに贈られた品物の金額の

約3倍の金額の品物を、ホワイトデーに

お返しする。

と言う、男性にとっては非合理的な風習の

ことを言います。

現代でも実施している人もいると思いますが、

そもそも、なぜ3倍になったのでしょう。

3倍返しの由来

8f1d0dfcd00c7b06abc25abed8b69dbc_s

日本が発祥といわれるホワイトデー。

3倍返しは、バブル期の名残のようです。

バブル当時は景気が良く、

今よりお金を稼げていたので、

3倍返しが負担ではなかったようです。

今は、さすがに義理チョコにまで3倍返しが

できる人はそんなに多くはないでしょう。

実際、現代の「ホワイトデーのお返しは、

もらったチョコレートの額に見合った額」

という人が主流のようです。

お返しの品物には意味がある

女性なら知っているけど、

男性が知らないことは、

意外に、たくさんあります。

そのひとつが、ホワイトデーの

お返しの意味です。

あなたが、何気なく選んだお返しで、

大切な人を傷つけたり、

変な期待をさせたり、

しているかも知れませんよ。

マシュマロ

マシュマロ=『あなたが嫌い』

昔は良い意味もあったそうですが、

最近は悪い意味で普及しているそうです。

『溶けてなくなるからよくない』

『興味がなくて、あまり関わりたくない』

『それなりの距離を、置きたい』

と言った意味があります。

飴・キャンディー

キャンディ=『あなたが好きです』

飴は、硬いので割れないことや、

長く味を楽しめるので、

その意味合いから好きという意味になります。

味によって意味が変わります。

イチゴ

恋・結婚・子孫繁栄

ブドウ

酔いしれる恋

バナナ

結婚話があるかも

オレンジ

幸せな花嫁

メロン

デートに誘われるかも

リンゴ

運命の相手

レモン

真実の愛

クッキー

クッキー=『あなたは友達』

『甘くもなく、いろいろな種類がある』

『色々な人の中の一人で居てください』

『友達のままでいよう』

という意味があります。

マカロン

マカロン=『あなたは特別な人』

『比較的高級なお菓子』なので

特別な存在と言えるでしょう。

キャラメル

キャラメル=『一緒にいると安心する人』

あの定番の優しい甘さは、安心しますよね。

贈り物はお菓子だけじゃない

48a810bb6d7882c641d3e18eb961a43f_s

アクセサリー

・ネックレス

・イヤリング

・リング などなど…

彼女の好みが分からない場合は

一緒に買いに行くのがベスト。

ブランド品

食べ物のように無くなってしまうもの

ではなく、形に残るもの。

さらに、普段身に付けるものがベスト。

一緒に食事

二人っきりで美味しい食事を楽しみ、

特別な時間を過ごすのはいかがでしょう。

花を贈られたら嬉しいですよね。

最後に

「3倍返しだからね」と言われながら

チョコを渡されると「図々しいなぁ」と思う。

逆に、「義理だから、お返しいらないよ」

と言われても、お返しに困ってしまう。

贈る方も贈られた方も、普段から

お互いを感謝していれば、

決まった日に感謝の気持ちを

贈らなくても、いいんじゃないかな~

と思ってしまう風習です…

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is the impression of this blog? このブログの印象は?