七草がゆが食べた~い

たかしです。

1月7日は『七草がゆ』を食べよう。

お正月が終わる頃、キャッチフレーズのように

七草がゆ が注目されます。

 

お正月にごちそうを食べる機会が多く、

1月7日ともなると、胃に負担がかかっている時

なので、おかゆ+春の七草で、胃に優しい

組み合わせを味わいたいですね。

 

 

ご存知だと思いますが

七草がゆに入っている 春の七草は、『セリ・

ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・

スズナ・スズシロ』です。

呼び名を聞いても、どのような植物なのか

いまいちパッと思い浮かばない…

七草それぞれの持つ意味は次の通りです。

芹(せり)=セリ

「競り勝つ」

薺(なずな)=ぺんぺん草

「撫でて汚れを除く」

御形(ごぎょう)=母子草

(ハハコグサ)「仏体」

繁縷(はこべら)=はらべ

「反映がはびこる」

仏の座(ほとけのざ)

=子鬼田平子

(こおにたびらこ) 「仏の安座」

菘(すずな)=かぶ

「神を呼ぶ鈴」

蘿蔔(すずしろ)=大根

「汚れのない清白」

 

ちなみに、秋の七草は、

『ハギ、キキョウ、クズ、フジバカマ、

オミナエシ、オバナ、ナデシコ』です。

 

七草がゆの由来

江戸時代の日本で、『人日の日』を五節句の

1つである『人日の節句』と定めたことが

関係している。

 

1月7日の『人日の節句』に、『若菜摘み』と

『七種菜羹』を行なうと縁起が良いとされ、

これによって「1月7日に七草粥を食べる」と

いう風習が広がった。

人日の日…昔の中国で、次の物に対して、

その年を占う風習があった。

1日は鶏を占い、2日は犬、3日は羊、4日は猪、

5日は牛、6日は馬、7日は人、8日は穀という

ように占っていた。

そして、7日は「人」が主役なので、人日

となった。

人日の節句…1年の節目となる節句のお祝い

他に「桃の節句」「端午の節句」「七夕の

節句」「重陽の節句」がある。

若菜摘み…雪の間から芽を出した若菜を摘むこと

七種菜羹…唐の時代に、七種類の野菜を入れた

汁物を食べて、無病息災を祈った

正月にゆっくり休んだあなた

正月ボケのまま、学校や会社に行って、

ヘマをしないように、しっかり『七草がゆ』を

食べて、気分を入れ替えよう~

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is the impression of this blog? このブログの印象は?