チョコミントアイスを食べた~い

たかしです。

友達とアイスの話しになった時、私以外全員がチョコミント好きだった。

私も食べれないことはなく、好んで食べない程度なんだけど、

きっと、世の中には私と同じように、チョコミントを苦手な人がいるはず。

チョコミントを克服して、食べれるようになりた~い

なぜチョコミントを避けるのか

チョコミントを食べると、第一声が『歯磨き粉の味がする』

ミント味の歯磨き粉自体は嫌いではないので、ミントに抵抗はない。

 

きっと、歯磨きしたあとの口の中の水は『ぐちゅぐちゅぺっ』

って捨てるでしょ。飲み込まないでしょ。

だから、チョコミントを食べた瞬間に、歯磨きを想像するから、

食べ物という概念がないのだと思う。

 

もう一つチョコミントを食べて思い浮かべるのが、

『口の中がスースーして爽やかになる』こと。

これは、チョコはトロ~っとした甘い食べ物という固定概念があるから、

『爽やかなチョコ』を受け入れられないのだろう。

 

さらに、チェコミントを初めて食べた時の印象が、『甘い歯磨き粉』や

『薬っぽい味』だったから、今でも苦手なんだろう。

 

チョコミントが食べれないと大人じゃないの!?

チョコミントを好きな友達が、チョコミントが苦手な私に

『お子ちゃまだね~』と言った。

言われることは何とも思わないけど、チョコミントは大人が

食べる味なのかな…

 

チョコミントが好きな人も苦手な人も虜にするパフェ

「Mintopia」のsrecetteさんが言っています。

チョコミントっていうと可愛らしいイメージがあります。

なんていうか「大人が食べる子供の食べ物」だとか

「大人が食べたい子供の食べ物」のような・・・。

なんだか、もう身体は大人になってしまったんだけど

心の奥底に残っている子供心で食べるような笑

https://www.fabcafe.com/tokyo/blog/parfait008?lang=ja

 

子どもの頃は苦手だったハーブも、大人になって食べるようになったよ。

案外、チョコミントを食べてる大人の方が『お子ちゃま』だったりして。

チョコミントを食べた~い

チョコミントが苦手だった人が克服したサイトを見たよ。

 

ショコラミント/ハーゲンダッツ

チョコミント好きな人にはあのミントグリーンと

チョコレートブラウンのコントラストがいいので

しょうが、チョコミント嫌いの人のなかには、

あの配色を見ただけでムリという人も多いはず。

そんな最初の難関門をショコラミントは楽々クリアです。

見かけはまるで、クッキー&クリーム。

これなら抵抗感はありません。

http://youpouch.com/2015/05/18/268278/

 

 

元祖ミントチョコ「アフターエイト」

海外でチョコミント味のスイーツといえば、

絶対に外せないもの。

それが、今回ご紹介する「アフターエイト」です。

ミント味のクリームをダークチョコでコーティング

した、厚さ3ミリというデリケートなイギリス生まれ

のチョコミント。

「今は1枚だけ……」と思っていても、

必ず3枚は食べてしまう魅惑のおいしさ

 

いくつかのサイトを見てみると、チョコミントを克服するには、

チョコが多めの品物を食べるといいみたい。

あと、美味しいチョコミントに出会えたら、そこから克服できそうだ。

めっちゃ美味しいチェコミントのアイスを食べた~い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is the impression of this blog? このブログの印象は?