どら焼きが食べた~い

たかしです。

和菓子の代表格『どら焼き』

おやつの時間に小腹が空いたら、甘~いあんこをたっぷり

食べたくなる。

全国には変わり種の『どら焼き』がたくさんある。

その中で気になった『どら焼き』を紹介しま~す。

 

どら焼きの『あん』

『どら焼き』森上屋/香川県

溢れんばかりのあんこの量!1日に1000個も売れるそうです。

通常サイズ、大サイズ、特大サイズと大きさも3種類あり、

特大サイズは、なんと直径22センチ!

食べたいけど、香川に行けないという方はお取り寄せして下さい。

人生のうち一度は食べていきたいどら焼きです!

https://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37000884/

 

『生銅鑼焼(なまどらやき)』朧屋瑞雲堂/京都府

小豆と生クリームがたっぷり入った冷蔵して楽しむスイーツ。

たっぷりクリームを挟んでいる見た目のインパクトが特徴です。

中のクリームに加えて、どら焼きにもあんこが塗られているので、

食べ進めると全体のアクセントになってくれます。

定番のフレーバーの小倉や抹茶クリーム以外にも種類があり、

黒胡麻、いちご、抹茶、さつま芋など期間限定メニューがある。

https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260503/26014684/

 

『ぷりんどら』お菓子の菊屋/大分県

公式サイトから引用

なんと!どら焼きの生地にプリンをそのまま挟み込むという、

予想外の発想をそのまま実現してしまった驚きのお菓子。

洋菓子に近い食感の皮生地の間でほろ苦いカラメルの味と

甘いカスタードプリンの組み合わせが絶妙な新感覚のどら焼き。

http://www.kikuya-oita.net/

 

どら焼きの『生地』

『どら焼き』昇月堂/東京都麻布

そば粉を使った変わり種のどら焼きです。

甘さを抑えたつぶあんはそば粉の生地の香りが生かされています。

中心には大きめの柔らかい求肥が入っていて、驚きの食感。

http://www.geocities.jp/azabusyougetsudou/

 

『黒船どらやき』自由が丘/東京都

『黒船どらやき』は、とにかく黒糖が強く、餡も生地も

モッチリとしているのが特徴です。

濃厚そうに見えるけど、意外にさっぱりしている。

http://www.quolofune.com/

 

どら焼きの『形』

『どら焼き』あんこや(ankoya)/宮城県仙台市

昼には売り切れる、四角いどら焼き。

「どこから食べても同じようにあんこが口に入る」

ようにと、食べる人の事を想っての形状とのこと。

いろんな味があり、ちょっとずつ楽しみたい方には、『こどら』

ミニどら焼き4種の詰め合わせがおススメです。

https://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4011258/

 

『どら焼き』笹屋伊織/京都府

公式サイトから引用

円柱型をしているボリューム感たっぷりの『どら焼』。

上品でふわりとした甘さのこしあんを、モチモチ感のある

薄皮で巻き、さらに竹の皮をその上に巻きつけているため、

食べると口の中に竹の皮の良い香りとほのかな甘さが広がる。

http://www.sasayaiori.com/

 

  東京土産の定番

現在最も有名な、2枚の丸い生地で餡を挟んだ、あの形のどら焼きは

大正3年(1914年)に創業された上野の和菓子屋「うさぎや」にて

考案され、全国に広まったとされています。

 

上野『うさぎや』

一口ほおばると、まず、そのもっちりと弾力がありながら、

非常に歯切れが良い皮の食感に驚かされます。

http://www.ueno-usagiya.jp/

 

浅草『亀十』

割ってみると、とにかく生地はフワフワでとても柔らかく、

まるでパンケーキで包まれているような、いわゆるどら焼きとは、

別物のような感じだと評判です。

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13003655/

 

東十条『草月』

皮は黒糖と初蜜が入っているため、少し黒っぽくなっています。

表面はまだらな焼き目がついています。

口にいれてみると、ふわふわともちもちの中間くらいの不思議な

食感がまっています♩

http://www.sogetsu.co.jp/

 

銀座文明堂『森幸四郎』

卵黄の分量を増やし、粉をぎりぎりまで減らした皮には、

卵の風味が生きています。

甘みを抑えた艶やかな粒餡とふっくらと香ばしい生地が特長です。

キャラメリゼされたカステラの茶色い部分に共通するような、

少し苦みのある香ばしさはとても特徴的。

そして、醤油の風味もほのかに感じることができます。

https://www.bunmeido.com/user_data/morikoshiro.php

 

日本橋『玉英堂 彦九郎』

しっかりと形の残った小豆と、独特の虎模様の皮が特徴的なその名も

「虎家喜(とらやき)」。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13006478/

 

どら焼きが食べた~い

本格的などら焼きは、今やコンビニでも購入する事ができる。

全国各地にある老舗のお店では、他のお店と違う特徴があり、

その一つ一つを食べ比べてみたい。

そして、自分の口に合った『極上のどら焼き』をたらふく食べた~い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is the impression of this blog? このブログの印象は?