白菜が食べた~い

たかしです。
寒い季節になってくると『白菜』をよく食べる。
鍋料理にはかかせない野菜だから、寒い冬にはうってつけだね。
年間を通しても、キムチで食べることが多い。

たかしです。

寒い季節になってくると『白菜』をよく食べる。

鍋料理にはかかせない野菜だから、寒い冬には

うってつけだね。

 

年間を通しても、キムチで食べることが多い。

日本での生産量はダイコン、キャベツに次いで

3番目。

キャベツのように結球した葉を食用とするが、

結球様の形状はキャベツがやや横に扁平なのに

対し、ハクサイは縦に長い。

葉の部分は、結球の外側は緑色をしており、

結球の内部へいくほど黄白色になる。

霜に当たると甘みが出て美味しい。

生ではシャキシャキした歯ざわりがあり、

煮込むと柔らかくなる。

煮物、汁物、炒め物、鍋料理、漬物(浅漬け・

キムチ)等に使われる。

 

『黒いブツブツ』は?

白菜の表面にできる黒い斑点は『ゴマ症』に

よるもので、低温や管理状態などが原因で、

白菜にストレスがかかると出ます。

黒い斑点の正体は、ポリフェノールの小さな

かたまりなので、汚れや虫、カビや病気などに

よるものではなく、食べても問題ありません。

白菜が頑張った証なので、おいしく食べれる

そうです。

張りがあって色が良い新鮮なうちに食べたい

ところですが、白菜三昧で食べ飽きてしまい、

冷蔵庫の中に放置された白菜があります。

そんな白菜の食べ頃を過ぎたサインとしては、

『茎に走る縦の筋が目立つか』

『茎の外側の薄い膜が分離して浮いているか』

『縦に亀裂が入っているか』などをチェック

しましょう。

4daf3e4a83a3d282b65c0f4bc93b9aa9_s

珍しい白菜を紹介

出典サイト:イチからわかる野菜の育て方

オレンジクイン【オレンジ白菜】

球内の鮮やかなオレンジ色が特徴の品種。

紫奏子(むらさきそうし)【バイオレット白菜】

紫色が鮮やかな珍しい品種。

娃々菜(わわさい)【ミニ白菜】

超密植栽培とし、重さ300~500gで収穫するミニ白菜。

CRお黄にいり【ミニ白菜】

べと病や根こぶ病に強く、極早生で育てやすいミニ白菜。

タイニーシュシュ【タケノコ白菜】

球形がやや長い円筒形で長さが20cmほど

プチヒリ【タケノコ白菜】

タケノコ型になる極早生の白菜。

http://野菜の育て方.com/hakusai-mezurashii-hinnshu-8699.html

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is the impression of this blog? このブログの印象は?