美味しい缶詰めを食べた~い

たかしです。

普段、缶詰めのサバの味噌煮をおかずにして、ご飯を食べることが多いな~。

家で作る料理は、愛情がこもっていて、間違いなく美味しい。

たまには手を休めて、缶詰の夕食でもいいんじゃないかな。

 

第三位「鳥皮みそ煮缶詰」ヤマトフーズ 鳥皮みそ煮 130g ¥300

戦後から広島県呉市で親しまれている、鶏の皮を味噌で煮込んだ名物料理。

鶏の皮を柔らかな食感になるまで煮込み、その美味しさを缶詰に詰めた。

国産のブロイラーの皮のみを使っていて、味噌の風味と独特のコクが足され、

最高の味わいになるそうだ。

トロトロの食感でコラーゲンたっぷりの鳥皮を食べてみた~い。

第二位 おいしい缶詰 燻製とろ鮭ハラス」明治屋 70g ¥600

鮭を焼いて食べる。よくある食卓の光景だよね。

そこで、普段とは違った鮭を食べてみようよ。おすすめの一品がこちら。

脂がのったノルウェー産の鮭ハラスを塩漬けし、国産のブレンドチップで香りと色づきよく燻製にした缶詰。

そのままで食べても、とても美味しそうだけど、混ぜご飯やパスタの具材としてアレンジしてもいい。

オイルは、スープやサラダに使えそう。

脂がしたたるハラミの部分をお腹いっぱい食べてみた~い。

第一位の前に、気になる一品
「たこ焼き缶詰」mr.kanso ¥550


缶詰で販売しようという発想がすごい。賞味期限が3年間のたこ焼きだって!

缶詰だから、実際の焼きたてとは違って、柔らかい食感になっているみたい。

あんかけソースに近いトロミのあるソースがたっぷり入っていて、

一緒に同封されているあおさとカツオ節をかけて、マヨネーズを足して食べてみた~い。

温めずに冷めた状態でも美味しいのだろうか、疑問が残る…。

第一位 「うなぎ蒲焼き缶詰」浜名湖食品 100g ¥950


浜名湖産のうなぎを使用した国産の味。

「うなぎの蒲焼き缶と言えばこれ!」と言うほどの、うなぎ蒲焼き缶詰のロングセラー商品。

皮付きのまま直火で焼かれたうなぎには、身の中までしっかりとタレが染み込んでいる。

缶詰の中に、うなぎ約一枚分がカットされて入っていて、ボリュームがありそう。

もちろん土用の丑の日に食べたいけど、普段食べるご飯のおかずやお酒の肴として食べてみた~い。
缶詰やレトルトパウチは、宇宙食として利用されているように、さまざまな種類が販売されている。

老舗の料理屋さんの料理も、ネットで手に入れる事ができるので、お店に行く必要がなくなってしまいそう。

高級料理を身近に感じる事ができる、美味しい缶詰を食べた~い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is the impression of this blog? このブログの印象は?