山菜を食べた~い

たかしです。

お蕎麦屋さんでは、山菜そばをよく頼む。

一年中、山菜そばをメニューに掲げてる

お蕎麦屋さんは嬉しいけど、やっぱり

山菜は旬の時期に食べたい。

田舎で育った私は、子供の頃から春になると

山菜を採り、天ぷらにして食べていた。

注意も必要!

先日、庭に生えていた毒草を食べて、

亡くなった人がいるというニュースが流れた。

山菜も同様に、毒を持つ植物に似ている

山菜があるので、専門家に見てもらいながら

散策しなければいけません。

近所で採れる山菜を紹介

  • たらの芽
  • コシアブラ(漉油)
  • ハリギリ(針桐)
  • ふきのとう(蕗の薹)
  • わらび(蕨)
  • 行者にんにく
  • 葉わさび
  • うど(山ウド・独活)

たらの芽(タラノメ)

タラの芽は、タラの木の新芽のこと。

山菜の王様と呼ばれ、4月から6月上旬

にかけて採れる。

天ぷらや胡麻和えで食べることが多く、

もっちりした食感でコクがあり美味しい。

ほのかな苦みはあるが、風味は強くない。

コシアブラ(漉油)

苦みが強く香りも強い。

山菜の女王と呼ばれ、北海道から九州

まで分布し、4月上旬~5月中旬に採れる。

天ぷらやおひたし、ご飯やパスタ類と

幅広い料理に使える。

ハリギリ(針桐)

見た目はコシアブラに似ているけど、

味は個人的にはふきのとうに似ている。

たらの芽、こしあぶら、ハリギリは、

ウコギ科の三大御三家と呼ばれている。

ウコギ科の植物にはガンなどの病気や、

老化を抑える、ポリフェノールが

たくさん含まれているので、

とても栄養価の高い山菜です。

ふきのとう(蕗の薹)

春の象徴として愛されている山菜で

ふき味噌や天ぷらで食べることが多い。

フキの地下茎から出てくる花のツボミが

フキノトウなので、ふきの近くに

生えている。

ワラビ(蕨)

ゼンマイに似ているが、違う植物。

日が当たる風通しの良い平地に生えます。

ワラビは山菜の中でも灰汁が強く、

食べるには灰汁(あく)抜きが必要です。

生で食べると中毒を起こす心配があるので、

必ず食べる前に灰汁抜きが必要です。

わらびもち(わらび餅、蕨餅)は、

デンプンと水、砂糖から作る和菓子。

原料としてワラビの地下茎から

得られるデンプンのわらび粉が

使われたため、この名がついた。

行者にんにく

タマネギやニンニク、ニラなどと同じ

ユリ科ネギ属の多年草。

強いニンニク臭を放ち、地下に

ラッキョウに似た鱗茎を持つ。

成長が非常に遅く、種を蒔いてから

2年目の春にようやく芽を地表に出し、

3~4年で葉が2枚以上になる。

葉わさび・花わさび

わさびは春に花を咲かせます。

花ワサビはその花が咲く直前、

蕾の状態で収穫されます。

花わさびや葉わさびは一般的なワサビ

と呼ばれる根の部分ではなく、

花芽や葉の事を言います。

ワサビのようなツンとした辛みがあり、

佃煮や醤油漬けに調理され食べること

ができる。

うど(山ウド・独活)

 

沢や川辺など水気のある斜面に生息。

葉っぱは天ぷら、皮はキンピラ、

茎は生で食べても炒めても美味しい。

さて、クイズです

この天ぷらは3種類の山菜が使われています。

次の3つがどれがどれか分かるかな?

『ハリギリ』『タラノメ』『コシアブラ』

 

最期に

毎年、山菜狩りを楽しみにしている人は

誰にも教えたくない『とっておきの場所』

があると言っています。

私も3月から5月にかけて、近くの里山に行き

前年と同じ場所に、お目当ての山菜があると

とても嬉しくなります。

ただ、個人所有の土地であっても、

地元で有名な場所は、何者かが

採ってしまう時があります。

鹿などの動物は仕方ないにしても、

知らない人が採っていくのは

少し悲しいですね。

 

天ぷらの答えは、左から

『コシアブラ』『ハリギリ』『タラノメ』

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is the impression of this blog? このブログの印象は?