小籠包が食べた~い

たかしです。

テレビ番組で中華料理店の特集をしていた。

番組内で『点心』『小籠包』『飲茶』という言葉が出てきたが、これらは料理名なのか料理の種類なのか分からない。

そのことが気になり、近所の中華料理店に足を運び、違いを探ってみた。

メニューには『点心』の分類の中に『飲茶』と『小籠包』が記載されていた。

どうやら、飲茶や小籠包、餃子などをひとまとめに『点心』と呼ぶらしい。

 点心とは?

中国で点心は、「空腹(空心)に少食を与える(点ずる)」を語源とし、一口で食べられるような軽食を意味しています。

つまり主菜(菜)とスープ(湯)以外の軽食(朝食を含む)、菓子、間食全てを点心と呼びます。

点心と飲茶の違いは?

飲茶=点心と誤解している方も多くいらっしゃいますが、実はそうではありません。

飲茶とは中国茶を頂きながら点心を頂くという、広東省や香港の代表的な食習慣を指します。

目覚め後、行きつけの飲茶店で茶と一緒に朝食の点心というスタイルが飲茶の意味合いになります。

4種類からなる点心 点心の種類は、主に以下の4つに分けることができます。

  • 鹹点心(シェンティエンシン):塩味の点心
  • 甜点心(ティエンティエンシン):甘味の点心
  • 小咆(シャオチー):麺類やご飯物
  • 果子(グオズ):フルーツや果物 鹹点心と小咆が日本人にとって馴染みの深い点心に該当します。

代表的な点心

ここでは、点心を代表する料理を紹介したいと思います。

饅頭(マントウ)

マントウは小麦粉を発酵させ蒸した中国風蒸しパンで、日本の肉まんの皮のような食感です。

現在は中に具や餡が入っていない皮だけのものをマントウと呼び、中に具や餡が入ったものは包子と呼んでいます。

包子(パオズ)、小籠包(ショウロンポウ)

マントウの生地の中に肉や餡が入ったものを包子と呼び、豚肉、チャーシュー、ニラ、小豆餡、カスタードクリームなど、塩味から甘味までそれは様々な種類があります。

包子は中国のパン屋ならどこでも並ぶ、まさに中国の定番食です。

また、この包子の中に熱いスープが入った、一般的な包子と比べて小ぶりなものが、日本でも人気が高い小籠包(ショウロンポウ)です。

レンゲにのせてスープをこぼさぬよう頂きましょう。

餅(ビン)

地域や家庭によって様々な種類がある点心が、餅(ビン)です。

小麦粉をこねた平たい皮を焼いた焼餅、揚げた油餅、クレープのように薄焼きした煎餅、野菜などの具を混ぜ込んだ菜餅と、調理法によって名前が変わります。

うるち米で作られ、スープにしたり、甘いタレをかけたり、地域で様々な食べ方があります。

餃子(ジャオズ)

中華料理の定番「餃子」は、実は焼餃子、蒸餃子、水餃子、揚げ餃子など、様々な調理法があります。

中国では熱湯で茹でた水餃子が主流で、日本の餃子よりも皮が比較的厚めです。

具材の種類がとにかく幅広く、豚肉はもちろん、魚介、海老、野菜入りまで使われ、例えば歯ごたえある海老がぎっしり詰まったエビ餃子は、蝦餃(ハーガウ)と呼ばれ、皮が艶やかで見た目にも美しい餃子です。

焼売(シウマイ)

ジャオズと比べ、薄い皮で豚挽肉を円筒状に包み、蒸したものを焼売と呼びます。

皮の代わりにもち米をまぶしたり、具材に蟹や牛肉を使ったり、様々な種類があります。

中華風ちまき

「粽子(ツォン)」と呼ばれ、中には小豆やナツメ、鶏肉と一緒に蒸したおこわが入っていて、古くは労働者たちが重労働でお腹が空かないようにしたものだったそうです。

参考URL https://www.iwaen.co.jp/blog/tensin/

-----------------------

中華料理店に行った日は雪が舞う寒い日だったので、体が温まる『小籠包』を注文しました。

アツアツのスープを期待していたが予想よりぬるく、具もホロホロではなく肉団子のようでした。

期待外れだったことで『小籠包魂』に火が点き、横浜中華街で小籠包メインの『点心巡り』をしたくなった。

それではレッツゴー!!

MAP

SPOT

七福(しちふく)

『小籠包』

王府井酒家(ワンフーチン)

大人気名物『焼き小籠包(正宗小籠包)』

イメージ

四川麻婆(シセンマーボー)

『八種類点心の盛り合わせ』

『焼売』

耀盛號(ようせいごう)

『ハリネズミまん』

老維新(ローイシン)

『パンダまん』

番外編

関帝廟(かんていびょう)金色の建築物

http://www.yokohama-kanteibyo.com/

中華街でひときわ目を引くきらびやかな建物。

関帝廟は世界中のチャイナタウンにあり、祀られているのは三国志で有名な関羽(かんう)。

そろばんを発明したともいわれ、商売の神様として信仰される関羽は、異国の地で商売をする華僑たちの心の拠り所です。

現在の関帝廟は4代目。開港直後に祠が置かれて以来、約150年間かわらずこの場所から町を見守り続けてきました。

横濱媽祖廟(まそびょう) 緑色の建築物

http://www.yokohama-masobyo.jp/

ブラブラ散歩していたらライトアップされた緑色の建物が現れた。

媽祖廟は、日本では15世紀に沖縄・琉球王国で祀られたのが最初といわれ、日本全国に20カ所余の媽祖を祀る神社仏閣が現存しています。

横濱媽祖廟は、みなと横浜にふさわしい海の安全を守る媽祖を祀る文化施設です。

マリンタワー

2019年4月1日から2022年3月31日まで改装工事のため休館するマリンタワー。

休館の前日、2019年3月31日に訪れた。

展望台に上って景色を見ていると、東京タワーや通天閣と違い、具合が悪くなってきた。

よく見るとタワーが風で揺れていることに気付いた。

港街ならではの強風が吹くたび、急に高い所にいるのが怖くなり、足が動かなくなってしまった。

まとめ

中華街のお店を調べていると、食べ放題のお店がたくさんある事に驚きました。

人気の観光地なので、いつ行っても観光客が多く人に酔ってしまいそうですが、中華街に行く機会があれば、是非『点心の食べ比べ』をしてみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is the impression of this blog? このブログの印象は?