今が旬、イチゴが食べた~い

たかしです。

今が旬のイチゴをおいしく食べた~い。身も心もとてもひかれたお店はここだ!!

 

ハウスの中で食べるイチゴ狩りって雨が降っている時は好都合だけど、

晴れてる時は半そでになりたいくらい暑いときあるよね。

 

第三位

『いちご大福』江戸うさぎ

かわいいよね~

 

いちご大福って、どこのお店でもイチゴとあんこを一緒に食べた時の味が似ている。

大福の個性を出すのに、イチゴの品種と小豆の産地にこだわってるお店が多い。

もちろん、餡が白あんや ずんだのように、黒いあんこではないお店もある。

スーパーで売っている量産の大福にもおいしい物があるよね~

 

見た目のインパクトで食べてみたいのは、江戸うさぎさんのいちご大福。

 

第二位

『シルク・ドゥ・フレーズ』 ストロベリーデザートフェア

ヒルトン東京

 

やっぱり、イチゴスイーツの食べ放題は外せないでしょ。

イチゴ狩りだと練乳をつけて食べるしか出来ないけど、

チョコファウンテンやケーキ、その他にもいろいろな食べ方があって

すぐにお腹いっぱいになちゃいそうだ。

 

今年のヒルトン東京は「シルク・ドゥ・フレーズ」と題し、

サーカスや移動遊園地のわくわく感を表現したストロベリーデザートが登場してるみたい。

一流ホテルのビュッフェは金額がはるけど、頻繁に食べる事が出来ないから

贅沢だけど、一度でいいから食べてみたい。

 

第一位の前に、気になる一品

『ストロベリーティー』

 

フレーバーのストロベリーティーは飲んだことあるけど

直接イチゴが入っている紅茶はどんな味なんだろう。

しかも温かいイチゴって想像できない…

 

第一位

『美人姫』一粒5万円のイチゴ

一番の特徴は大きさ。500円玉と比べると6倍はあるから驚きだ。

岐阜羽島で生産されているので、時々岐阜羽島に行く機会があるから、行ったついでに食べた~い

 

イチゴ狩りで、時々大きいサイズのイチゴを見つけるけど、中身がスカスカだったり、表面が割れてる物がほとんど。

だけど、美人姫はまるまるでジューシーなんだろうな~

 

美人姫を育ててる方は、出荷まで気が抜けない日々が続いて、苦労があるけど、ウハウハだろうな~

 

 

今回はイチゴでした。

おいしいイチゴを見分けるには、イチゴ狩りの場合は全体が赤く染まってへたが反り返り、へたの下の部分に小さな裂け目ができているものがおすすめ。

市販品は、果皮のツブツブがしっかり見えて、ヘタが青くて反り返っているもの。

表面に傷がなく、ツヤのあるものを選ぼう。パックの底に痛んだものがないかも確認しよう。

 

ちなみにイチゴと言う呼び名は、1月から5月が旬だから、イチゴになったそうだよ。諸説あり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What is the impression of this blog? このブログの印象は?